Toxic Works BLOG

JUNK IT YOURSELF
Hand build(手組み)DISC-CX WHEEL  XTR M965×VELOCITY BLUNT

すっかりBLOG更新しておりませんでしたね

展示会からのバタバタの流れで放置プレー

 

さて今回のホイル組みは

CHARGE BIKES2015のDISCロード用です

 

今やすっかり定番化してきたDISCロードも先駆けて出している

CHARGEはさすがだと思います

 

 

 

Hand build(手組み)DISC-CX WHEEL

リム: VELOCITY BLUNT SS(32H・700c)ポリッシュ

ハブ:F SHIMANO XTR M-965(2003年)セラミックベアリング換装

スポーク:PILLER

ニップル:WHEEL SMITHアルミ

 

前後4本組み

32H結線無し

 

 

今回のハブはSHIMANO XTR-M965

最近は32Hのクイックリリース・DISCハブ探すと

下位グレードか高級ハブのみなので困りました

 

14年前2003年発売のコイツを持っていてくれた

イタリア人に感謝です!

 

 

SHIMANOハブを選択したって事は

ベアリングボールも変更です

 

今回はセラミックボールに変更です

これはヤバイですね異次元の回りです!

 

メンテナンスの周期が早くなりますが

体感するのをお勧めします!

 

MTB用なのでシールなども色々と手を加えてます

 

 

 

 

リムはVELOCITY BLUNT SS

DISC用ならではのラウンド形状でポリッシュ仕上げとは最高ですね!

 

 

28Hで良いのですが

長く使えることを優先しています

 

 

 

車両に組み込む前は「そんなに変わるんですか?」と

半信半疑だったオーナーも走ってみると

「何これヤベー!ヤバ過ぎる!!!」と最高のお言葉を頂きました

 

 

ただし車両画像を撮り忘れたので

完成画像はまたのお楽しみで・・・

 

 

 

 

 

ホイール | 20:27 | comments(0) | trackbacks(0) | -
Hand build(手組み)inter-8 WHEEL

作業自体は1月に完了していたのですが

upするのを忘れておりました!

 

今回のHand build(手組み)WHEELは

CHARGE BIKES のCXフレームをKLUNKER仕上げにKUSTOMしたモデルです

 

CXフレームですがINTER-8の内装ハブで組んであり

Fチェーンリングも2枚で組んで2×8速変速可能な変態使用です!

 

今回はリアは内装ハブを生かして、フロントはボルト止めのTRACKハブを使い

中身のベアリングを超精密球に変更するってプランです

 

あまり重量を気にせず

長く頑丈に使える仕様です。

 

 

 

 

使用するリムは幅広25.4MMでポリッシュが美しいvelocity ATLAS
http://sim-works.com/velocity/atlas

 

頑丈&クラシカル系はこのリム使う事が多いですねー

 

 

 

 

リム: velocity ATLAS(36H・700c)ポリッシュ

ハブ:F SHIMANO DURA-ACE TARACK 36H/R:SHIMANO INTER-8 36H

        ベアリング 超精密級G3に変更

スポーク:PILLER

ニップル:WHEEL SMITHアルミ

前後ITA6本組み 36H結線無し

 

フロント

 

 

リア

 

 

 

 

やはりポリッシュ系のパーツは組むと気持ち良いですね

SHIMANOのロード・MTB系上位グレードのハブでも

ポリッシュ復活して欲しいですね

 

 

 

ホイールが変わって違いが体感できると

より自転車が楽しくなってくると思います!

 

漕いでるだけで楽しくなって幸せな気分になれるって

スゴイ事ですよねー

 

しかも飽きないw

 

 

だから自転車いじりは止められぬ!

 

 

 

 

大きな画像はこちらから

 

 

 

ホイール | 19:14 | comments(0) | trackbacks(0) | -
Hand build(手組み)ROAD WHEELS

今回は結構前に組んだ

CHARGE BIKESの FILTERホイール組みでした

 

 

ホイール組のついでにコンポ類も変更します

 

 

 

 

リム:H+SON ARCHETYPE(32H・700C)ブラック

ハブ:F&R SHIMANO DURA-ACE9000 28H(G3ベアリング変更)

スポーク:カラースポーク SKY-BLUE

ニップル:WHEEL SMITHアルミ

前後ITA4本組み 28H結線無し

 

 

 

 

 

ホイル組みで高性能なとこを攻めたいけど

高級ハブの7〜10万円はなかなか出せないなーって方には

やはりSHIMANOがお勧めです

 

前後で¥45000ぐらいなので

ベアリングボールをG3グレードの超精密球に入れ替えても

5万円ぐらいで揃うのでお買い得感がすごいです

 

メンテナンスにしっかり寄れる人なら

セラミックベアリング化も可能です

 

まあカラーがブラックのみなので

カラーハブが良い人には向かないですが

 

今回は重量も気にしないので

SKY BLUEなカラースポークで組みました

 

 

 

コンポも旧105を譲って頂いたらしく乗せ変えました!

 

 

 

 

リムは尖がり君でおなじみの

H+SON ARCHETYPE

 

 

スポーティーなイメージを払拭したい場合は

H+SONかVELO CITY辺りを使う事が多いですねー

 

性能で言ったらMAVICとかが良いんですが

やはり見た目の良さは重要なポイントです

 

 

 

 

 

使用前・使用後みたいに比べてみると

違いが良く解ると思います!

 

 

 

全体的にブラックカラーにまとめて

スポークのみ色を入れて仕上がってます

 

乗り始めてから段々と自転車の使い方の変化に合わせて

パーツを変えていって

見た目と性能の両方をカスタマイズするっていうのが

 

自転車KUSTOMの醍醐味だと思います

 

 

 

 

Let's enjoy hand building wheel!!!

 

 

ホイール | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) | -
Hand build(手組み)26インチMTB WHEELS [Mountain Cat]

さて手組みホイール情報が続きます

今回はOLDなMountain Catです

 

手に入れて修理ついでに

ちょっとカスタムしようという事になりまして

 

色々とプランを練って相談していたら

ホイールまで逝ってしまいましたね!

 

 

 

主要パーツ類はほとんど交換して有ります

KLUNKERを意識して

ブルムースバーにサムシフターとSUNTOURのブレーキレバー

SUNXCDクランク×VELO ORANGEチェーンリング

 

 

 

 

サドルも縦長系のに変更

 

ワイヤーアウターもVELO-ORANGEレトロスタイル ステンレスケーブル使用

 

 

上記のパーツ類はオールドに寄せるためのルックス系のカスタムですが

やはり上質な乗り味をという事で

ホイール組みですね

 

 

 

リム: Sun Ringle RHYNO LITE(32H・26inc)ポリッシュ

ハブ:F American Classic-MTB32H/R:American Classic-ROAD32H

スポーク:HOSHI

ニップル:WHEEL SMITHアルミ

前後ITA6本組み 32H結線無し

 

R

 

 

F

 

 

ガチンコMTB業界では26インチは廃れてますが

街乗りに使用するには無問題!

 

タイヤもWTBシックスリックで完璧です

 

OLD系な車両にはシルバー系のパーツが欠かせませんね

SHIMANO辺りが上位グレードのハブでポリッシュ系の物出してくれる事を

切に祈るこのごろです・・・

 

 

80中盤〜90年代系のMTB乗っている方多いですが

回転部分のベアリングなどは20〜30年使われていると

まともには動いておりません・・・

 

駆動系パーツを一新してちゃんとした乗り味を体感してもらえれば

自転車の乗る事がもっと楽しく感じるはずです!

 

 

ノーメンテナンスで車両が朽ち果てる前に

是非復活させてあげましょう!!!

 

 

 

大きな画像はこちらから

 

 

 

ホイール | 20:12 | comments(0) | trackbacks(0) | -
Hand build(手組み)MINI-VELO WHEEL

本日のホイール組みはミニベロ用です

 

 

 

ミニベロは 慣性モーメントが大きいホイル径のものより劣るので

是非ともより回るホイールに変えてあげてください

 

 

BLACK×REDなイデオムに

同系色でまとめたホイールをインストール

 

 

 

 

リム:H+SON SUPER LITE (32H・20inc451)ブラック

ハブ:F&R SHIMANO 105 32H

スポーク:カラースポークRED

ニップル:WHEEL SMITHアルミ

前ラジアル組32H

後ITA4本組み 32H結線無し

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

105ハブは中身をG3グレードの超精密ベアリングに変更してあります

もちろんグリス関係も高回転系対応のものに交換済み

 

玉受け部の当たり出しは今回はしなかったですが

DURA-ACEとかで鏡面加工してセラミック球みたいなことも

やりますのでご相談ください

 

 

 

Let's enjoy hand building wheel!!!

 

ホイール | 14:32 | comments(0) | trackbacks(0) | -
ブリジストンWILD WEST Hand build(手組み)SS MTB WHEEL

さて静岡市の街中では90’SなMTBやATBを

BMXハンドルバーなどに変えて乗っている方が見かける事が多いです

 

あーこんな感じの昔俺もやってたな〜などと懐かしくも感じますが

大体が20〜30年前の代物

まともな状態であるわけが無いので

どれもズタボロです

 

中には無理やりなカスタムにより

いつ事故ってもおかしくないのも有ったりするので

見ていられません

 

ノーマル(画像は広い物)

 

 

今回はブリジストンWILD WESTです

ホイールをコースターブレーキ仕様に変更してあったのですが

無理なシングル化とボロボロなホイールだったので

手組みWHEELを導入する事に

 

店内に130MM幅のシングルスピードハブがあったので

スペーサーをかませて135MMに変更

しかし全体をシルバー系で纏めたかったのですが

ハブはGOLD・・・

 

うーんそうなればアルマイト剥離ですね

※剥離作業報告は長くなるので別に書きます

 

 

 

リム:H+SON TODESTRIEB(36H・26inc)ポリッシュ

ハブ:F:ENECICLO TRACK HUB 36H/R:130mm TRACK HUB

スポーク:PILLAR #14

ニップル:WHEEL SMITHブラス

前後共にITA6本組み 36H結線無し

 

 

ラージフランジのハブで

ちょっとクラッシック感を匂わせてます

 

 

 

H+SON TODESTRIEBリムは

ハブからの左右のスポークが

リム反対側にくるような仕様

 

 

 

チェーンもテンショナー使わないでいけるように何とか調整

 

これで走りは生まれ変わったはずです

 

 

最近オススメしてるのは

ホイールをそこそこしっかりした物にしてから

 

他のパーツ類をちょっとずつカスタムしていけばという流れです

 

 

細かいパーツ類ばっかり変えても

走りは一向に変わらないので

お金だけ浪費して飽きちゃうって方を数多く見てきたからです

 

 

まずは快適な走りを手に入れて

それから見た目などをだんだん仕上げていくってやれば

飽きることなく自転車生活を楽しめるはず!!!

 

 

 

Let's enjoy hand building wheel!!!

 

 

 

ホイール | 13:45 | comments(0) | trackbacks(0) | -
DEMO-WHEELS [Industry Nine×FORMOSA カーボンチューブラー]

ホイル組みに関する

BLOGを色々書く機会が多いこのごろですが

ザックリと改めて説明を

 

ホイールというのは

ハブ(まん中の回るところ)・リム(外側の輪)・

スポーク・ニップル(スポークの先端のネジ)4個のパーツで構成されていて

 

大きく2種類に分かれます

 

●メーカー完成品の「完組みホイール」

特徴:ハブ・リムなどのパーツを専用設計にする事が出来て

軽量・強いなど特化した物を作り易い

 

●自分の好きなパーツをセレクトして組む「手組みホイール」

特徴:各パーツを自分好みにセレクト可能

こだわりの・市販されていない物を作り上げる事が出来る

 

 

まあ完組みホイールの高価な物などは

工場で職人が手組みしているので

専用設計の手組みホイールとも言えます

 

ってなるとToxicWorks的には

手組みホイール押しになりますよね〜

 

 

そしてパーツの中でも

ハブ・リムを何にするかと言うのが醍醐味です

 

その辺は以前に書いた「手組みのすすめを」読んでみてください

 

 

 

フレームもそうですがホイールも現在は

軽くて高強度なカーボンリムが数多く採用されています

問題は価格がアルミリム¥4.000〜¥10.000に対して

カーボンリムは¥40.000〜¥100.000と非常に高価な事でしょう

 

ただ「高級ホイールは蜜の味一度食べたら辞められぬ」とはよく言ったもので

その乗り味を堪能しないでは自転車屋とは言えぬと

禁断の果実に手を出してみました

 

 

ハブは Industry Nine

「 Torch Classic Road Hub 」 QR 10x130mm¥68.500

 

リムはFORMOSA カーボンリム・チューブラー

フロント 20ホール H38mm, W23mm, 330g±15 ¥37,800

リア 24ホール H50mm, W23mm, 380g±15 ¥37,800

 

スポークはPILLAR

PSR X-TRA 1420 30%軽量エアロスポーク 44本 ¥22.000

 

ニップルはWHEEL SMITH

アルミニップル ¥1200

ニップルワッシャー ¥2.280

 

手組み工賃 ¥4800×2本 ¥9600

 

合計¥179.180

 

F・20hラジアル組  R・24hヨンロク組み半フリー側結線

フロント-530g+リア-750g 前後で1280g

 

 

 

 

という感じですね

スポークをバテッドスポークなどにすれば¥15.000ぐらい安くなりますが

せっかく組むならキッチリやりたいですね

 

価格帯でも前後で1280g近辺だと

完組みホイールの場合¥30万ぐらいになるので

お財布にもやさしいです

 

タイヤもクリンチャーからチューブラーに変更しました

 

 

そして私のVIVALOに組んで見ました

 

 

PURPLEカラー爆発です!

 

そして肝心なのは気になる走りですが

俺の口から説明するより乗って体感してくれって事で

 

ご自分のロードに装着して試乗して頂けます!!!

(※身分証明書持参※)

 

気になる方は店頭で聞いてもらうか

電話かメールでお問い合わせください

054-250-2225 info@toxicworks.net

 

 

まあ当たり前ですが、転がりますし伸びも良いですね

坂などは行ってないので近日走ってきます

 

Industry Nineハブでカーボンリムではなくアルミリムで組めば

¥10万近辺で組めますので

相談ください!!!

 

 

そして週末ライドだけでは勿体無いので

ぜひ普段使いの通勤や遊びなどにも

ガンガンに使い倒してカッコよく乗ってください!!!

 

 

静岡にもそんな自転車乗りが増えていって欲しいです

 

大きい画像はこちらから

 

 

 

ホイール | 14:17 | comments(0) | trackbacks(0) | -
OLD SCHWINN ホイル組み

今回は60〜70年代のSchwinn Collegiate 5-Speedに

ホイルを組みました

 

元々のタイヤサイズは 26 x 1-1/4 ETRTO 32-597だったかな?

このサイズは古いSchwinnによくあるのですが

まあ国内にこのタイヤは存在しません

 

SCHWALBEがたしか海外で売ってるので

海外通販で取り寄せるしかないです・・・

 

って事で先日まで70年代のロードマンから外した

27×1-1/8 ETRTO 28-630サイズにインチアップして

乗ってもらっておりました

 

しかし古いホイルなのでガタが色々と来たのと

シフト関係も古すぎるのでついでにリフレッシュしようと

タイヤサイズは700×32C ETRTO 32-622でいってみました

 

 

Rハブは内装7段のコースターブレーキ仕様

36H6本組 JIS

 

 

 

Fハブは秘蔵の

SUNTOUR シュパーブTRACKをベアリングを超精密球G3グレードに変更して

内部もポリッシュしてあります

36H6本組 ITA

 

 

 

回転性能も別物になり

長く使えるような仕様で組みました

 

最悪フレームが潰れてもホイルだけ何かに移植する事も出来ます

 

 

自転車というのは

やはり道具であり、いくらカッコよくても

走りが悪ければ意味が無い

 

逆にどんなに古いものでも

駆動部分に手を入れてあげれば

しっかりと走る物が出来るし

自転車としての本質も抑える事が出来ると

 

 

長くなったので車両取り付け説明は

明日に続きます。

 

 

 

ホイール | 17:18 | comments(0) | trackbacks(0) | -
Hand build(手組み)H+SON ARCHETYPE + TIAGRA 28H

ホイル組みの連投続いてますが

今回は自分用の物です

 

現在今まで使っていたアメリカンクラッシックのホイールから

カーボンチューブラーWHEELを組もうと

 

パーツ類をオーダーしたばかりで

ホイールは買い手が付いてしまって

車輪が無い状態になってしまったので

 

こりゃいかんと取りあえずの物を組みました

 

リムはH+SONのARCHETYPE 28H

height: 25mm
weight: 450g

 

 

ハブはSHIMANO TIAGRA 28H

もっと上のグレード使いたかったけど

28Hの設定は他にDURAしかないんですね

気休めにG10精密球のベアリングボールに変えておきましたが

精密球などを使う場合はあまり下のグレードのハブでやっても意味が無いのですが

まあしょうがなくですね

 

 

 

F 28Hラジアル組み

 

 

R 28H4本組み

 

 

 

 

 

 

尖がりリムが特徴的です!

重量も軽くは無いですが値段考えるとまあ良いほうかなと

 

とわ言えアメクラの軽量WHEELに比べると

やっぱり重いので早くカーボンチューブラー用のパーツ類が揃わないかなー

 

 

高級WHEELは蜜の味

一度味わったら止められぬこの素晴らしき泥沼の世界に

あなたの飛び込んでみませんか!w

 

 

 

 

ホイール | 14:01 | comments(0) | trackbacks(0) | -
Hand build(手組み)MINI-VELO WHEELS

さて連日手組みWHEELが続く

Hand build WEEKですが

 

本日はミニベロ(小径車)用のWHEELです

 

当店で売れ筋なミニベロと言えば

FLAT-1ですが

20インチサイズというのは一般的に2種類存在します

通常の406サイズと少し大きい451サイズです(直径)

 

451サイズは

ちょっと走りにこだわったモデルや

406サイズをカスタムでインチアップさせるときなどに用いられます

 

 

 

FLAT-1は451サイズです

 

パーツ構成は

リム:WEINMAN  DA17(32H・451)ポリッシュ

ハブ:EIGHT SPOT TRACK HUB 32H

スポーク:PROPER ダブルバテッド

ニップル:WHEEL SMITHアルミ

 

前後共にITA4本組み 32H結線無し

 

 

店頭用のFLAT-1に組むのですが

フレームを現在塗装にだしているので

 

もうちょっとかかるかな〜

 

完成車についてくるような

WHEELとの違いはよく説明をするときに言うのが

「異次元ですよ」w

 

どの車種でもやはりWHEELまで手を入れないと

自転車の楽しさの全ては味わえないですので

 

 

まだ換えたことの無い方は

是非体感しましょう〜!

 

 

ブリティッシュグリーンのフレームカラーに

ポリッシュ系パーツで

クラシカルな大人ミニベロ仕上げる予定です

 

 

ご期待あれ!

 

 

 

 

ホイール | 19:32 | comments(0) | trackbacks(0) | -



CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
twitter
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
LINKS
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site.