Toxic Works BLOG

JUNK IT YOURSELF
<< [TACO RIDE] & [BAKERY RIDE]開催決定! | main | 今週土日はお休みでございます >>
[BROMPTON] P-Type Handlebar × [PAUL] REVERSE LEVER
以前microSHIFTサムシフターに変更したBROMPTONの追加作業をお受けしまして
ストレートバーからP-タイプのハンドルバーに交換して欲しいとの事です




BROMPTONのハンドルバーは上記のような3種です
P-TYPEってのは一番右のマルチバーみたいな形状の物です

組み合わせるブレーキレバーはお任せさせて頂きました
少し調べるとどれも通常のキャリパー用のブレーキレバーを使い
ワイヤー類がだらしなく見える物ばかり、、、






うーんこれじゃ嫌だな〜っと

選んだのはオポジットタイプの
[PAUL] REVERSE LEVER




がしかし、、、
このレバーはハンドル内径19MM以上対応
P-TYPEのハンドルの内径は17.5MM、、、

つつ付かないやんけって事で試行錯誤スタートです

単純にハンドル内径を広げるか
ブレーキレバー側を17.5MM以下まで削るかです

ハンドル内径を削るのは特殊な形状ゆえドリルが使用出来ない事からNG


そうなるとレバー側を切削する方法しかないですね
分解して旋盤にて切削作業を依頼





分解できるタイプで良かったよー
真ん中の臼部は3分割されていたので
しょうがないグラインダー、ベルトサンダー、ヤスリを使って
シコシコ仕上げました。
3時間以上かかったのでよい子は真似しない方が賢明ですw


その他も諸々関門が有りましたが
THE完成!







[BROMPTON] P-Type Handlebar と
[PAUL] REVERSE LEVER

サドルに合わせた[BROOKS]LEATHER BAR TAPEで完璧


これで酒飲めますね〜

やはりワイヤー外に出て無い方がスッキリして良いです


全体像も男前です




ついでにチェーンテンショナーもアルミの削り出しに変更
ライトの配線もすっきりとなるよう隠し技を追加

うーん個人的にも超お気に入りな作業となりました

しかし切削出したらPAULの部品の精度が出てない事が発覚
高いんだからもうちょっと精度上げて欲しいなー

日本の工場だったら検査通らないレベルだろこれ


あなたもお気に入りなハンドル周りで
一味違ったKUSTOMを楽しみましょー!

大きな画像はこちらのリンクから


 
WORK | 21:48 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://blog.toxicworks.net/trackback/820415



CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
twitter
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
LINKS
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site.