Toxic Works BLOG

JUNK IT YOURSELF
<< TOUR DE SANDWICH by PAPERSKY | main | ToxicWorks 6th Anniversary Party >>
shifters for SHIMANO Dynasys MTB10speed
はいバタバタしておりますw
公私ともに忙しくblog書く暇も書類整理する暇も経理する暇もないざんす

紹介したい作業内容や入荷商品色々あるのですが
取りあえずこちらから


Retroshiftからブランド名を『Gevenalle(ギブネール)』に変更したのも
記憶に新しいToxicWorksではもうお馴染みの

ドロップレバー上にサムシフターを配置したSTI型ブレーキレバー



ついにSHIMANO Dynasys MTB10speed対応のモデル

Gevenalle GX 27,000円(税抜)が発売になりました!

詳しい説明は輸入元TKC参照です

シマノが30年前にMTB用コンポーネントを6速でリリースして以降、
順調にその段数は増え、2014年の今年には11段に達しました。

8段まではロード用とMTB用でほぼ完全な互換性があったものの、
9段で若干怪しくなり、10段でDyna-sysと名乗った時点で完全に断絶し、
ロード 用コンポーネントとシフトワイヤーの引き量が完全に変わり、
ロード用のSTIレバーで10速のMTB用シャドーリアディレイラーを動かすことが不可能に
なったのです。

これが一部の愛好家に取っては大問題で、スタビライザーを装着し、
チェーン暴れを抑制するシャドーリアディレイラーと最大36Tのワイドギアレシオカセット
という組み合わせをドロップハンドルで使えないという事なのです。

また、急速に普及したワイドナローチェーンリングは、
スタビライザー機能を持つリアディレイラーと併用して始めて
チェーン落ちを防ぐ効果を発揮するもので、通常のリアディレイラーとの併用では
その威力を100%発揮できません。

そのため、MTBやファットバイクのドロップハンドル化、
シクロクロスやモンスタークロス、グラベルグラインダーでの
10段シャドーリアディレイラーとワイドギアレシオカセット
併用の実現には壁があったのです。

ここに着目したのが Gevenalleで、今年の春先から開発を進めてきました。
GXのGはGravelのGで、ブレーキレバーとDyna-sys対応左右シフターのセット
での販売となります。なぜなら、左右のシフターは今までのGevenalle製シフターよりも
サイズが大きいため、CX、CXVには装着不可能であるためです。
また、CNC製のシフター台座も専用設計となっています。

フロントを1枚で使いたい、という場合は左側の台座を取り外してご使用頂くことになります。
ブレーキレーバー自体はワイヤー受けが2ヶ所用意されており、
キャリパーブレーキ、Mini Vブレーキの引き量とVブレーキの引き量の両方に対応しています。


さっそく装着してみました!

SURLY  KARATE MONKEY × Gevenalle GX
の組み合わせでドロップハンドル化!
モンスタークロスの完成です。







Dixnaのバンディーハンドルは幅はコンパクトですが
ドロップが浅く形がきれいなので相性ばっちりです!

画像検索するとカッコイイ車両が沢山出てきます






是非妄想を膨らめてみましょう!

これでまた色々な車種に組み合わせの幅が広がったと思います
気になるお方はどしどしお尋ねください!

問い合わせはこちら





※ついでに業務連絡です※
所用で4日(水)5日(木:定休日)7日(土)
とお休み連発weekとなりましたご了承ください。




 
WORK | 16:27 | comments(0) | trackbacks(0) | -









トラックバック機能は終了しました。



CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
twitter
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
LINKS
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site.