Toxic Works BLOG

JUNK IT YOURSELF
<< KUWAHARA Exhibitionism入荷 | main | CHARGE BIKES 2017 [PLUG-1]GRINDURO >>
ドロップハンドル嫌い問題&スタイルの違い

最近もこの話になる事が多かったので

ひとつここらで説明をしておこうかと・・・

 

 

まずは自転車を買う場合に車種を何をセレクトするかという事ですが

街乗りからロードバイクまで幅広いです

 

静岡県中部では坂も少なく東西に長いので

比較的に中〜長距離乗れる物を選ぶと

 

自転車の楽しさを感じやすいと思います!

 

 

お勧めするのがロードバイク・ファットロード・DISCロード・など

変速付きのドロップハンドルのモデルが多いです

 

 

 

そこでみんな口を揃えて言うのが

「ドロップハンドルじゃなかったら買うんだけどな〜」っと

 

気持ちはよーく解ります

俺も最初はそうでしたから

「でも乗ってみると、すぐこっちの方が良いのが解りますよ!」

的な説明するのですが

 

見た目が嫌だって方に何言っても通じるわけ無いっす

そこで当店に来る方々が何故嫌がるのかというのを検証してみました。

 

 

まずはドロップハンドル=ロードバイクの皆さんの感じてるイメージを

オートバイで説明してみます

 

 

オートバイで言うとフルカウルにつなぎ見たいなイメージ

 

 

ラフな服装でもこんなイメージなのかな?

 

 

 

ToxicWorksに来店される方々が

カッコイイと思うイメージは

 

アメリカンバイクなどに代表されるようなイメージ

 

 

 

服装もラフにワイルドな感じとでも言うのか

 

 

 

カスタムハーレー乗りたいやつに国産のフルカウルのほうが早いから

こっちにしろって言ってるイメージに近いんでしょうね

 

 

ただし自転車というのはエンジンではなく人力です

人間の力で動かす=運動になるので

 

漕ぎやすい・スピードが出やすい形ってのは設計上

決まって来てしまいます。

 

BMXでロード並みの移動性能を求められても

そりゃ無理って事になるのです

 

 

で皆さんのロードバイクに対するイメージは

ジャージにメット・ビンディングシューズ

 

 

 

トレーニングをしたい訳じゃないしカッコよく乗りたいのに

これじゃ乗りたくないって気持ちも解らないではないですね

 

 

ピストバイクブームがあったのは

上記のようなトレーニングイメージとは真逆の

スタイリッシュな街乗りイメージが根底にあったからだと思います

 

 

 

見た目のイメージ的にはドロップハンドルはNGだけど

この写真のようなブルホーンバーみたいのは

なんかカッコイイと思う方が多いです

 

 

ただここで1個問題があるのが

ピストバイクのようなギアの無いシングルスピードモデルでは

 

田舎静岡県を楽しめないって事です

 

都市圏のように街から街の移動距離が短くて

ちょっと行けば何でも有る場所とは違うので

 

ある一定の距離を漕がなければ

面白い物に巡り合えないってトコです

変速ギア必須ですね。

 

 

じゃあロードバイクのハンドルを上記の画像のような

ブルホーンバーとかに変えれば問題解決じゃねーかと・・・

 

 

 

 

そこが大きな問題でロードのギア変速は

デュアルコントロールレバーと呼ばれる部品です

 

ドロップハンドル用のブレーキレバーの

レバー部を左右に動かすと変速できるような仕組みになっております

 

 

この部品は高価&便利なので

そのまま使いたいのであります

 

しかしながらブルホーンバーに付けると

 

 

なんかダサくなるのと、ケーブルの取り回しが悪かったり

ブレーキの引きしろがハンドルに当たってしまったりで

微妙な仕上がりになります

 

何とかならない物かな〜っと考えまして

無いなら作れば良いんじゃないかと

いつもの悪い癖が発祥しまして

 

暇過ぎてブルホーンバーのSTI化を色々考えて散らかしている #bullhornbar

mamiyaさん(@toxicworks)が投稿した写真 -

 

 

デュアルコントロールレバーを付けても

違和感無くカッコイイ

ブルホーンバーがあれば、ドロップハンドルを毛嫌いする

初心者の方にも見た目の抵抗無くロードバイクなどを

選んでいただけるのではないかと!!

 

 

ハンドル交換とワイヤー類の加工のみで

変更可能なので納車時に変更するにしてもリーズナブル

 

乗る距離が伸びてドロップハンドルに戻してみたくなっても

そんなに金額がかからず変更可能

 

 

あとはうまく良いものを作れるかですね・・・

現在試作に入ろうとしてますので

ちょっとお待ちくださいませ

 

ナイスな形に仕上がったら

NITTOさんで量産したいな〜などと

夢を見ながら頑張ってみます!

 

報告をご期待ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自転車選び | 18:55 | comments(0) | trackbacks(0) | -









トラックバック機能は終了しました。



CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
twitter
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
LINKS
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site.