Toxic Works BLOG

JUNK IT YOURSELF
<< BICYCLE GIRLS × NATIONAL 70'S MINI-CYCLE | main | 2018移転大SALE!!! >>
NATIONAL 70'S MINI-CYCLE

日本の古い小径車はあえてミニベロと呼ばずミニサイクルと呼びたい

そんな気持ちにさせる車両を組み上げました

 

 

 

 

 

ベースは70年代の22インチのナショナルの小径車

 

 

 

まさにJUNKという言葉がピッタリのボロボロさ具合でした

まず最初に考えたのが

22インチではママチャリタイヤしか選べないので(ETRTO 40-489)

20インチの451サイズにすれば高性能なタイヤをセレクトできるし

直径で38MMしか違わないので対応できるかなと

 

 

そして新しいタイヤがTIOGAなどから発売されてきて

OS20×1.6(ETRTO 41-451)

 

 

ここ最近BMX用などで22インチ規格という名称で売っていたのも

451サイズの物だったので

 

20×1-3/8(ETRTO 34-451)などのタイヤよりも7MM太くて

程よい走破性と日常使いとがバランスよく両立できているかと!

これからの展開に期待です(早くフレンチバルブのチューブ作ってくれ)

 

 

ほぼ全てのパーツを新しい物に入れ替えましたが

再利用できるパーツ類は磨いて修正加えてインストール

 

捨てるだけの習慣はダサいので皆さんも考えましょう

 

 

 

WHEELは前後共に手組みしました

 

FはトラックハブでRは多段ハブでシングル使用にしました

 

 

こうしておけば将来的にギアを付けたくなった時に

簡単に対応できます

 

 

 

mamiyaさん(@toxicworks)がシェアした投稿 -

 

BLUE LUGの真鍮製クランクボルトキャップ もワンポイントで入れてみました

真鍮の経年変化が楽しみです

 

 

 

街乗り系の日本の車両はバンドブレーキタイプの物がほとんどなので

プレートで挟んで対応

 

なんかステンレスでシンプルなの作ろうかと想像中

 

 

 

ハンドルバーはSCHWINN STING-RAYの物を

幅を切り詰めて使用

 

ステムはノーマルの物をショート加工して使用

これにより日本ぽさを少し中和させる事が出来たかなと

 

 

 

ライトはやはりRINDOW BIKESのバレットライトで決まりですね

 

車両の特徴的なフロントビューを邪魔しないように下部に装着

 

 

 

 

 

レイバックのシートポストはBMX用の22.2mmなので

25.4mmサイズだったこの車体には

クイルステム用のアダプターを使用して装着

 

サドルはCHRONOの純正を使用

クラシカルなイメージにぴったり!

 

ブレーキアウターは日泉ケーブルの

イタリアンタイプのホワイトを使用

 

よりクラシカルになって最高です!

 

 

ここまで仕上げるのは時間と労力がそれなりにかかりますが

世界に一台の愛着のある手放せない車両が完成するので

やってみる価値はあるかと思います

 

 

KUSTOMする時に自転車に詳しくなくても全然大丈夫です

どうやって使いたくて・何色がいいか・なんとなくの車種

 

それだけ伝えてくれれば

がっちりカッコいいヤツ組み上げますので

 

是非ご相談下さい!!!

 

 

 

WORK | 16:51 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://blog.toxicworks.net/trackback/820702



CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
twitter
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
LINKS
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site.