Toxic Works BLOG

JUNK IT YOURSELF
<< FUN FAN DAYS 2019 出店 | main | トキシック・ローン24回まで無料 >>
MARIN BIKES : NICASIO-SEカスタム手順

KUSTOM BICYCLE SHOPとして営業をしておりますが

常にお客さんから言われる事が一つあります

 

「自転車のかっこいいって言うのがよく解らない」

 

まあ自転車のジャンルごとにさまざまないじり方があって

全体の方向性・さらにパーツ類のセレクトなどがあります

 

初めて自転車を買う人はサッパリ解らないと思います

まあ相談してくれればカッコ良くは仕上げるのですが

 

ご自分でも理解していたほうが面白いかと

MARIN BIKES : NICASIO-SEを題材として

KUSTOMの手順をご説明してみようかと思います

 

 

まずはノーマル状態です

こういう全体画像で見ると悪くなさそうですが

完成車価格¥67000のモデルなので

各部パーツ類がやはりしょぼいです

 

後はノーマル状態で乗ると

世の中に同じ形の自転車に乗っているヤツが

たくさん居るってのも嫌な理由です

 

 

●●●●ステップ1●●●●

 

650bロードプラスタイヤを履いた

リジッドフレームな車体は

80年代などの往年のMTBを思い出させてくれます

という事で

 

ToxicWorksではKLUNKER風味に仕上げるのを推奨しております

こんなイメージです

タイヤサイズは26インチでカンチブレーキ

 

色々有るのですがこの車両に付いているような

BULLMOOSE BAR・ブルムースバーが特徴的でカッコイイです

 

昔のハンドルの固定部はフォロントフォークに刺さるような

クイルステムで

 

現代はフォークコラム部分が上に伸びているところでステムで挟んで固定する

アヘッドステムです

 

東京のBLUE LUGがアヘッド用の

ブルムースバーを発売してくれたので現代の自転車でも

付ける事が可能になりました

 

 

ハンドルなどのフレームに直接固定するパーツ類は

最初に取り付けておいたほうが良いです

 

ブレーキ・シフトケーブルなどの長さも変わってきてしまうからです

 

ハンドルを後で交換することになると

ワイヤーケーブル類もやり直ししなければいけなくなるので

工賃などが高くつくからです

 

アウターケーブルに色を入れたい場合もこのときにやりましょう

 

ハンドルをノーマルのブラックからシルバーに交換した場合

サドル下の棒の部分、シートポストもシルバーに変えてあげましょう

よりクラシカルなイメージに見えます

 

 

 

●●●●ステップ2●●●●

 

細かなパーツ類ですかね

定番はグリップの色を変えたり

レザーなどに質感を換えたり

 

サドルなどもレザーの物が有ったり

好きな色・高性能のものに交換したりします

 

 

次はペダルかな

4000〜15000円ぐらいまで値幅のあるパーツですが

7000円ぐらいから上の物は

恐ろしく回転性能が良い物が有ります

 

NICASIO-SEには

MKS 70周年モデルのBM-7 NEXTをお勧めしています

 

 

OLD BMXやOLD MTB・KLUNKER系などに人気のBM-7を

最高級のなめらかな回転性能にアップデート
トリプルシールドベアリング採用・ボディ鏡面仕上げ・アルマイトカラーの側板
ハイスペックに仕上げたNEXTモデル

 

 

言い方は悪いのかもしれませんが三ヶ島のような老舗の会社が

クラシック系のMTB/BMXテイストの高性能ペダルを発売してくれるなんて、

一昔前なら考えられない事ですが

 

ここ数年のBULELUGやサークルズなどの方々の頑張りなのかなー

なんて思ってたりします

 

 

フレームに付けるバッグ類なども自分にあったものを

選んだりするのも面白いです

 

 

 

●●●●ステップ3●●●●

 

ここからは性能を重視する部分です

一番難関であり一番違いを味わえる

 

WHEEL/ホイール&タイヤ・チューブです

 

自転車のパーツで高額な物はサイズの大きいパーツです

特にホイールはまさにピンからキリまで存在します

 

手組みホイールといって

ハブ・リム・スポークのホイールを構成するパーツ類を指定して

文字通り私が手で組み上げるって事も出来るので

セレクトの幅は無限大です

 

詳しくは『手組みのすすめ』を読んでみてください

 

 

 

 

そしてタイヤ・チューブもそれによって変わってきます

タイヤが太いので中のチューブを無くして軽くする

チューブレス化

 

もう少し簡単に軽量化できるハイテク素材を利用した

超軽量チューブを入れるなど(重量1/3)

 

価格帯は一番高価な部類になり

5万円〜40万円まで幅があります

 

ハイテク性能系・クラシックシルバー系など色んなスタイルがあり

NICASIO-SEならばやはりクラシカルに

 

ALLポリッシュな組み合わせで組んだりしたほうがカッコイイと思います

 

 

White Industries

 

 

VELOCITY

 

この辺のチョイスで組んだらかっこいいでしょうね

ざっくり10万円ぐらいかな

 

 

 

●●●●ステップ4●●●●

 

まあコンポーネントもグレードの低い物が付いているので

ホイールを変えるぐらいお金をかけるので有れば

 

変えた方が良いでしょう

 

シフトレバーをサムシフターにして

リアディレイラーをSUNXCDなどのシルバーの物などに変更する感じですかね

 

ギア比の問題などもありますのでその方の希望にあわせて

チョイスをする感じになるでしょう

 

 

 

クランクなどを変えるって言う手も有りますが

ここまですべてやるとかなりの高額なので

 

なにか別のフレームなどにステップアップしても良いかもしれません

 

 

 

ざっくりですがKUSTOMの流れとしては

こんな感じでしょうか

 

あくまでも例えなので

参考程度に考えてください

 

 

 

 

 

 

 

 

自転車選び | 18:21 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://blog.toxicworks.net/trackback/820812



CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
twitter
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
LINKS
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site.