Toxic Works BLOG

JUNK IT YOURSELF
<< 『 JANDD : Grocery Bag Pannier 』 | main | Bickerton RESTRATION 2 : ビッカートン レストレーション2 >>
Bickerton RESTRATION : ビッカートン レストレーション 

最近はKUSTOM×レストア的お仕事などを多数頂く機会があり

充実した作業時間を送っています!

 

 

 

今回はBickertonのレストアです

1971年ロールスロイスのエンジニアにより

ほとんどのパーツをアルミ製で部材に熱を加えずボルトなどで固定する

折り畳み自転車が考案されました

 

三菱重工 十字号などと近い物が有りますね

 

参照URL

http://hiphipshakebicycle.blog49.fc2.com/blog-entry-13.html

 

 

この手の自転車の存在を知ったのは

「並木橋通りアオバ自転車店」と言うマンガでです

ヤングキングのヤンキー漫画だらけの中

のほほんとした絵ながらにマニアックな自転車の内容で

ちょくちょく見ていたのを思い出します

 

 

修理にあたりまず大きな問題だったのが

タイヤ問題です

F14×1-3/8(37-298)

R16×1-3/8(37-349)

 

はいこんなサイズ現行で売ってません・・・

何とかリアの16インチは見つけましたが

ETRTO298の14インチタイヤなどは存在すらしません

 

 

そこで現行のタイヤが使える近いサイズのホイールに換装する事にしました

14インチ ETRTO298に近いとなると

16インチ ETRTO305と言うその差直径7个噺世

サイズが見つかりましたがコイツもなかなかのレアサイズ

 

16インチって前後同じサイズじゃないのか?と思われますが

ETRTOがF305 R349で直径が44舒磴Δ里

呼び径は同じでもサイズは全然違います

 

しかも折り畳み系によくある

Fハブの幅(OLDが)通常の100个茲蟠垢い里任

 

ここで問題が

OLD幅の狭いハブとETRTO305リムの

同じ穴数の物が売っているかどうか問題です

 

いやー調べましたよ

なんとか絶版の20Hリムを手に入れ

ハブもOLD74弌20Hを組み合わせることに成功しました

 

 

 

 

 

右14インチ ETRTO37-298

左16インチ ETRTO32-305

 

 

 

画像の通りほぼ同じぐらいなので

キャリパーブレーキも届く範囲内です

 

 

ホイール問題さえクリアーすれば

後は簡単だなと思っていたのですが

 

古いモデルはそれだけでは終わらないのであります

次なる問題は次のBLOGに続く

 

 

 

WORK | 17:31 | comments(0) | - | -












CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
twitter
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
LINKS
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site.