Toxic Works BLOG

JUNK IT YOURSELF
GUSTO DURO SPORTS ULTRA - 3COLOR REPAINT

今回は最近問い合わせも多くなってきて

大人気のGUSTOロードバイクのリペイントです

 

GUSTOの人気は圧倒的なコストパフォーマンスに

製品のクオリティの良さにあると思います

 

この価格帯で欧州のレースなどで優勝を飾っているレベルの物を変えるとならば大満足です

 

 

この価格帯ですのでペイントを入れても

同レベルの物に毛が生えた程度の価格で

KUSTOMペイントのカーボンロードに乗れるって非常に魅力的です

 

 

 

今回は3色で塗り分けな感じです

ベースカラーはブラック×ホワイトで

塗り分け部をトップ側は真ん中よりやや後ろ

ダウンチューブ側はもう一色のライン部で変則的に仕切り

 

チェレステ的な淡いカラーをフロントから突き抜けるように

太さを狭めながらラインで表現

 

 

 

塗装のデザインというかイメージはオーナーさんによって変わりますので

その都度相談してからラフを上げて煮詰めていきます

 

特に多色使いや塗り分けなどは

なかなかイメージを作るのが難しいので

少しお時間を下さい

 

 

 

乗り物に対する塗装って賛否両論あるとは思います

昔にバイクや車を触っていた時も

 

旧車オーナー倶楽部の人間は

「色塗るなんて何を考えてるんだ!怒 純正を保つのが美しいのだ」

KUSTOM SHOPの方々は

「また派手な色選んだな〜!w このへんも手を入れたらカッコよくなりそうだな〜」

 

など人によって価値観も違うので言う事も様々でしたね

まあ服装や好みの音楽などでも人種が分かれるので好みが違うのも当たり前です

 

自転車関係は純正だったりブランドイメージを尊重する系の方が多いかなって印象です

そのへんは価値観の問題なので正解などは無いと思います

 

私は純正・ノーマル・伝統みたいな言葉が大嫌いなので

ガンガン塗ってイジッて自分好みな一台を仕上げましょー!!!

 

 

大きな画像はこちらから

 

WORK | 13:35 | comments(0) | trackbacks(0) | -
Bianchi ROAD × CANDY RED

今回はBianchiロードバイクのリペイントをご依頼いただきました

ベースカラーはCANDY REDでロゴをダウンチューブに大きく入れる指定で

 

常々言っておりますが自転車は塗装出来る面積が少ないので

キャンディーやメタリックなど少し派手かな?

と思うぐらいがしっくりまとまったりします。

 

 

 

組み上げ前に『ガラスの鎧』でコーティング

スリースター認定店の講習も受けたので

 

コーティングについてはまた書きます

 

淫靡に輝くCANDY REDの塗装をじっくり見てください!

 

 

いやーたまらない輝きですね

ただ撮影がなかなか難しいですね〜天候もあるのでしょうが

試行錯誤でライティングしながらやってみました

 

 

 

 

オーナーさんが結構乗り込んでる方なので

丸ハンをお勧めしてみました

 

 

カーボンロードなどはスポーツ系グラフィックな物が多いので

どうも感性が合わないです

 

逆にペイントを気に入る物にしたら

走りも良くてカッコイイと最高な感じになります

 

その辺は価値観の問題なので

正解などは無いです

 

まあ迷ったらご相談下さい!

 

 

大きい写真はこちらから

WORK | 18:55 | comments(0) | trackbacks(0) | -
Schwinn Racer+Hand built 650B WHEEL

先日書いた650Bのホイールを車体にインストールしました

Schwinn Racerってモデルらしいのですが

 

あまりOLD Schwinnのモデルや年式に興味が無いので

知りたい方は https://bikehistory.org/bikes/racer/ から調べてください

 

 

 

 

この手の自転車は自転車関係の方ってよりは

古着・家具系の業者の方が輸入しているイメージなので

 

ほとんどの物はノーメンテナンス状態で売られていると思ったほうがいいです

今は2019なのでこれが1968年のモデルで

51年間メンテナンスされていなかったら恐くて乗れたもんじゃないですね

 

 

BB・ハブ・ヘッドパーツなどのベアリングを使っている部分は

必ずメンテナンスしましょう死につながります

 

 

 

 

フェンダー関係なども叩いて凹みを直したりしましたが

全体的にヤレたこの車体にビカビカのWHEELをぶち込むってのは

 

ボロイ外装にやばいエンジンぶち込むようなHOTROD的思想もイメージできます

 

タイヤもGRANBOISのリエール 650×36B

太めなサイズとサイドまでトレッドゴムが回っているので

安心して走れます!

 

 

よく走る自転車に生まれ変わったという事は

もちろんブレーキ関係もやり直しました

 

この頃のキャリパーブレーキはアウター受けなどが

どこかに当たったりして曲がってしまっていたり

アーム部が変形して擦れて動きが悪くなったりがほとんどです

 

壊さないように元の状態のように動くようにするのもテクがあります

 

 

 

 

Sturmey-Archerのシフターを残せとの事だったのですが

ガイドチェーンなどは切れてしまっている状態でした

 

しかし老舗は違いますねースモールパーツで新品が出るってのは最高です

現代のパーツメーカー様も見習って欲しいですね

 

 

 

これで町を爆走してください

 

古い自転車でもしっかり使ってあげないと意味が無いです

オールドパーツのみでこだわって組むのももちろん良いですが

 

安価にセレクトできる最近のパーツ類をチョイスして

組み上げてみるってのも

しっかりとまとめる事が出来るならアリだと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

WORK | 20:46 | comments(0) | trackbacks(0) | -
Hand built(手組み)650B OLD SHCWINN WHEEL

さてJUNKだKUSTOMだなんていって自転車屋をやっていると

色々な自転車が運び込まれる物です

 

その中でも厄介なのが70〜80’sぐらいのSHCWINNです

タイヤ表記は 26インチ x 1 3/4 なので

 

現行のママチャリタイヤなどが使えるじゃんと

嵌めてみようかとするとなんとサイズが合わないと・・・

 

海外通販で取ればいいんですが送料も考えるとなんとも

 

 

以前にも700C化したりもやってますが

今回は650Bサイズにしました

 

 

650サイズはA/B/Cと分かれているのですが

今回は650×35Bにしました

 

車体に付いているSturmey-Archerのシフターを残して欲しいとのオーダーで

ただ現行のINTER-3ハブは32Hしかなく

リム側はグランボア650Bは36Hなので

 

純正のハブをオーバーホールして使うことにしました

 

Sturmey-Archerハブの良い所は高い耐久性で

古くても修理可能でアフターパーツなどもあることですかね

 

 

距離をそこまで乗らない方ならば

内装ギアを止めてシングルスピードで組んでも軽量化&高回転になっていいと思います

 

 

 

 

 

Hand built(手組み)650B OLD SHCWINN WHEEL

 

リム:GrandBois rim "SCARABEE" 650B/32-42B(36h)POLISH

Fハブ:ENE CICLOツーリング (36h)

Rハブ:Sturmey-Archer Mark3(INTER-3)

スポーク:DT #14

ニップル:DTブラス

6本組み 36h結線無し

 

 

 

 

 

 

 

- | 18:01 | comments(0) | trackbacks(0) | -
TSINOVA TS01 軽量電動ミニベロ

 

『 TSINOVA TS01 』¥136800


 

独創的なデザインが特徴で


車重14kgで1回の充電で約50〜70kmの走行が可能な
電動ミニベロはじめました!!!

 

6061アルミ合金フレーム・ベルトドライブなどの採用で

車体の総重量は僅か14kg
これは業界最軽量クラス。

 

仮に電動アシストを切っても普通自転車と変わらない感覚での走行が可能。


車体と一体型となっているLEDフロントライトが標準装備
USBポート有り

 

 

「TSINOVA」に搭載されたVeld Upシステムは、

センサーがペダルに加えたトルクや回転数、スピードを感知して革新的なバイオニック制御アルゴリズムを採用

。e-bikeにありがちな不自然な走りを抑えてくれる。

これにより上りや逆風の時はパワフルに、トルクがかかっていない平地ではパワーを抑えるので、

バッテリーの減りも抑えることができるみたいです

 

 

 

Bluetoothを介してスマホアプリと連動させることで、さまざまな機能が使えるところも大きな特徴のひとつ

走行情報や車両の位置検索なども可能なようです

 

 

 

 

 

今回はパニアバッグ搭載するのでキャリアも装備しました

 

 

組み立てて見て解ったのですが

ハンドル回りなども色々と変更できそうです

 

F WHEELだけでももう少し性能が良い物に組み替えても

走行性能UPが期待できそう

 

ブレーキ関係もRIDEAなんかの削り出し系の物に変えたら

より近未来感が演出できそう

 

 

 

カラーは画像のブロンズの物が通常在庫有りで

 

ホワイト・ブラック。スカイブルー・ネイビーは取り寄せ対応です

※取り寄せには1週間程度お時間が掛かります

 

 

 

新入荷&ITEM | 16:56 | comments(0) | trackbacks(0) | -



CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
twitter
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
LINKS
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site.