Toxic Works BLOG

JUNK IT YOURSELF
Peugeot Course レストア&チューン

先日持ち込まれた

70年代のPeugeot Course

 

オークションで手に入れたようで

全体の状態は余り良くはなかったです

そして元の状態の写真またも撮り忘れました・・・

 

(元車両のイメージ)

 

街乗り仕様にしながら古い駆動系のパーツを一新しましょうと言う内容です

 

OLD SHCWINNに高回転系な手組みWHEELを投入って内容に似てますが

http://blog.toxicworks.net/?search=SCHWINN

 

ヨーロッパ物はパーツの規格が

イレギュラー過ぎるので安易にはいきません

 

あとは古い車両はバラしてみないと

修理箇所が解らない場合がほとんどで

自転車屋泣かせな物なのです

 

 

今回の駄目な部分は

 

ステム中折れ&固着

全ベアリング&グリス死亡

シートポスト破損

Fディレイラー死亡

Rディレイラー故障

ディレイラーハンガーパーツ欠損

クランク左右違う

クランクボルトキャップなめり外せない

BB部ネジ修正

ブレーキキャリパー分解修正

 

こんな所なのかな?

フレームフォークが曲がってなかっただけでも

ラッキーな所ですね

 

 

一番問題なBBの規格も

対応可能だったので一安心

 

そしてこの手の車両はフォークを抜く時に

逆さにしてあげないとヘッドのベアリングがバラバラに飛び散りますのでご注意を

 

 

ほとんどのパーツを入れ替えました

古い車両なので雰囲気を崩さないように

なおかつしっかりと上質な走りを堪能できるように

パーツをセレクトしました

 

 

 

 

ブレーキ本体とハブはOLDパーツを使い

完全分解後にチューンナップ

ブレーキなんかは軽く引けるようにキャリパー本体のバネを調整します

子供用の自転車でもよくやりますが

 

これを出来ない自転車屋には仕事頼まないほうがいいです

 

WHEELの内容はまた別で書きますが

今回はあえてスモールハブをセレクト

 

 

各種パーツ類もクラシックな物を販売してくれている

各メーカー様に感謝感謝です

 

SHIMANOも見習ってクラシックコンポーネントラインとか作って欲しいもんですよ

 

 

オーナーの使い方に合うように

ストレートバーにして

ギア比も軽く設定しました

 

タイヤのセレクトもその人の使用目的で

どれにするかを選ばせていただいています

まあ説明すると長いので聞きたい方は自転車KUSTOMに出して下さい

 

 

駆動系パーツなんかを良く走る物に変えると困るのが

ブレーキです

古いキャリパーブレーキなどは制動力が全然駄目です

しかもブレーキシューのゴムが新しい物が手にはいらないと最悪ですが

KOOLSTOPが古いWEINMANNなんかのシューを新品で作ってくれています

これにも感謝ですね

 

 

Fディレイラーは破損していたので排除して

1×7速仕様にしたのでチェーンラインも

CSセンターにしないとだめですよ

 

Rディレイラーはプーリーなど死亡だったので

古いシマノの物から移植

 

ディレイラーハンガーを固定する金具も無かったので

現行の物から移植

 

 

 

 

 

 

 

ここまで仕上げれば

しっかりとした走りが堪能できます

 

スタイルにこだわる人には是非チャレンジしてもらいたいです

 

自転車は楽しく走ってなんぼだと思ってます

その楽しさを是非知ってくださーい!

 

 

 

 

 

WORK | 21:25 | comments(0) | - | -
WEINMANN ブレーキシューKOOLSTOP交換

ヨーロッパ系な古い車両を触ると

WEINMANNのブレーキが大体付いてきます

 

40年近く前のゴム部品などとっくに死亡しているので

要交換ですが、換え部品が無かったのが

数年前にKOOLSTOPから発売されました

 

 

 

上はノーマルの硬く硬化したゴム

下は交換済みのKOOLSTOPの新品です

 

2種類あってブラックはドライコンディション、サーモンはウエットコンディション

クラシカルな見た目を重視される方はブラックを、

より強い制動力をお求めの方はサーモンを

 

 

久々にこの手のやつを触るなと

そしてふと思ったのが・・・

「あれっどうやってこの舟から外すんだったかな?」

 

久々すぎて忘れてましたので

自分用にも備忘録でメモです

 

 

万力でゴム部分潰して

マイナスでこじってられば難なく外れます

 

古い車両でもしっかり走って止まらなければ

自転車では有りません!

 

しっかりメンテして楽しみましょう!

 

 

WORK | 20:15 | comments(0) | - | -
microSHIFT : Inter 8用 サムシフターSILVER

 

 

『 microSHIFT : Inter 8用 サムシフターSILVER 』 サムシフター&内装ギア好きな私にとってこいつが出たときはメーカー様に感謝したもんです しかしブラックのラインナップしかないので 分解してシルバーにアルマイト加工してみました! レバー部のゴムは熱を使って取り外すのでちょいと溶けちゃいますが 内装好きな方1個いかがでしょうか? #inter8 #内装ギア #thumbshifter #サムシフター #toxicworks #自転車 #おしゃれ自転車 #outdoor #bicycle #roadbike #cycle #オーダーフレーム  #自転車カスタム #bicyclecustom #bicyclekustom #kustom #静岡市自転車 #shizuoka #静岡 #静岡市 #静岡市葵区

mamiya(@toxicworks)がシェアした投稿 -

 

内装8段用のサムシフターをアルマイト加工に出しました

 

 

 

ブラックのラインナップしかないので
分解してシルバーにアルマイト加工してみました!

 

 

 

 

クロモリ系の車両に組み付けるには

こちらの方が断然相性がいいですね!

 

他のアルマイトでも加工可能なので

PAULなんかの切削系レバーと一緒にカラーを合わせたり

するのもカッコイイと思います

 


レバー部のゴムは熱を使って取り外すのでちょいと溶けちゃいますが
内装好きな方1個いかがでしょうか?

WORK | 20:05 | comments(0) | - | -
SAMSON PISTA オーバーホール

SAMSONのピストをオーバーホールの依頼でした

 

譲ってもらった車両みたいで

分解してみると回転部などはグリスが腐って酷いもんでした

ペダルなどもグリスなど塗らずに付けていたので固着していました

久々の固着は焼きで対応してナンとか外す事に成功

 

もちろんシートポスト部もノングリス・・・

 

自転車自分で触るのはいいのですが

各部にグリスは必ず塗ってください・・・

 

 

 

元画像撮るの忘れたけど

かなりいい感じに仕上がりました

前後のブレーキ台座は801製作所の物を使用

 

フォークのコラム内に台座が隠れるので

非常にすっきりと仕上がります!

 

 

BBはまさかのママチャリ物が入ってました

NJSフレームにママチャリパーツ使わんといてください

もちろん交換

 

 

 

ブルホーンバーも新たな物に交換

25.4MMのステムに26.0のハンドルバーを無理くり入れるのもやめましょう!

 

個人的にはブルホーンバーの時は

ブレーキレバーの位置をハンドル先端を勧めます

 

今回は街乗り仕様という事で中央部につけました

 

 

 

チューブラータイヤのサイドをコーティングして完成です

 

この車両もパーツからすると

80年代だと思います

約40年前の自転車はやはり見た目が綺麗でも

中身の駆動部分などは全滅です

 

乗るからにはしっかりオーバーホールしてあげてください

貴重なOLDパーツなどが駄目になってしまいます

 

まずはお気軽にご相談下さい

 

 

WORK | 17:51 | comments(0) | - | -
FLAT-1 451タイヤを太くする

ToxicWorksで人気のミニベロと言えば

FLAT-1ですが

 

手軽な街乗り仕様に使いたいとき

元々付いている1-1/4タイヤだと少し細いので

新規格OS20のタイヤなどに変えるのを推奨していましたが

このたびOS20規格は日本では扱わないことになったそうです・・・

 

 

あら困ったという事で

次なるタイヤ候補は少し太目の20 x1-3/8サイズの物に

 

こちらは純正タイヤ29MM幅

 

 

高さ27MM

 

 

今回はTIOGAのFAST-RX1-3/8(34-451)をセレクト

 

33MM幅 +4MM

 

高さ33MM +6MM

 

 

MAXXIS TORCHとかDTHなどは表記が1-3/8(37-451)だったので

気持ちもうちょい太目って感じでしょうか

 

 

 

見た目も少し足回りがゴツクなって男前度が上がると思います

 

たかが数ミリだと思うかもしれませんが

実際に受ける恩恵はでかいと思います

 

段差の乗り越えが楽になったり

エアボリュームが増えるので空気入れる頻度が減ったりと

是非体感してください!


 

 

 

 

WORK | 17:07 | comments(0) | - | -
tubolito × SEKINE JAPANESE KLUNKER 650b

先日も紹介した話題の超軽量チューブ

『tubolito(チューボリート)』を

 

以前に作ったSEKINE JAPANESE KLUNKER 650bに整備ついでに投入しました

 

 

シングルでギア比がちょい重めなので

出だしの漕ぎの軽さより

 

ある程度速度が出てからの漕ぎの軽さを体感できます

 

 

 

 

チューブのカラーがオレンジなのに

バルブキャップがブラックの物が付いてきます

 

どうせだったらオレンジに統一した方がかっこいいのに

マキシスのキャップに換えれば無問題

 

 

 

650bの太目のタイヤの車両ならどれでも恩恵を受ける事が可能だと思います

まずはチューブ軽くして漕ぎの軽さを体感してみて

 

さらにホイールなどをアップデートしてあげれば

最高に乗り味になるかと思います

 

是非お試しあれ!!!

WORK | 17:21 | comments(0) | - | -
Schwinn Varsity +Hand built 700C WHEEL駆動系一新

さて今回は 1951 〜1986まで販売されていたらしい

SCHWINNのVARSITYの修理&KUSTOMです

 

多分70年代中期のモデルなんじゃないかな

https://bikehistory.org/bikes/varsity/

 

 

まあ約45年ほど前の自転車なので

駆動系はボロボロです

 

謎のクランクが激重くなるという症状も出て

色々と駄目そうだったので

 

BBのオーバーホールと

手組みWHEELの投入の流れになりました

 

作業前の車両の写真撮り忘れました

 

 

 

 

クランク外してみると

やはりグリスが腐ってます

 

 

 

分解洗浄してみると

ベアリングボールも受け部分もそんなにダメージ無いんで

グリスアップして再利用

 

 

 

手組みWHEELの詳細はまた書きます

700×30Cのタイヤサイズで街乗り重視です

 

 

WHEELもクラシックなイメージを壊さないように

SUNXCDのラージフランジハブで

36H/ITA6本組みです

 

現オーナーの日常の使用距離考えると

シングルでも大丈夫そうだったので

39×16Tで少し軽めのギア比にしてあります

 

 

欲を言うと

チェーンリングをもう少し大きい物に変えたいかな

スパイダー式にしてこの辺のチェーンリングの46Tぐらいを入れてみたい

1PCクランク用のスパイダーなら

ステンレス板レーザーで切り抜けば簡単に作れそうだし

 

 

 

 

 

 

OLD SHCWINNに高回転系な手組みWHEELを投入するって言うのを

今までにもやってきていますが

http://blog.toxicworks.net/?search=SCHWINN

 

ホイルをしっかりとした物に変えると

別次元の世界が見れます!

 

こだわりの自転車に乗っている方は

是非体感してみてください!!!

 

 

 

 

 

WORK | 18:08 | comments(0) | - | -
KIMORI : COLOSSUS WR

皆さんはKIMORIという

自転車ブランドをご存知でしょうか?

 

 

 

MADE IN JAPANのこのフレーム

尋常じゃない拘りがつまっております

 

 

 

 

極細のクロモリチューブをオリジナルのラグにより複雑に組み上げられたスペースフレームです。
さらなる飛躍を目指して各部材を見直しを致しました。
製作する工法も 工程も新たに構築致しました。
工業製品として優れたラグ形状に加えて剛性まで上がると言う素晴らしい結果が生まれました。

  • 《特許技術》
    COLOSSUSに導入されている特許技術
    特許・意匠・実用新案・意匠・商標
    ※Motionless-end(モーショレスエンド)【後ろつめ、前つめ】
    ※FLIGシステム(フリッグ)【自転車の前輪懸架装置】
    ※MEADシステム(ミード)【自転車の後輪駆動機構】
    ※軸受ブッシュ方式【連結具】
  • KIMORIの特許技術の《Motionless-end》モーショレスエンドを採用致しました。
  • チェーン駆動によるカセットギヤに掛かる力(ホイールが外れる方向)の
  • ベクトルを制御することによってホイールのズレや脱落の危険性が軽減致します。
  • クイックレバーも力いっぱい締めなくても適正なトルクで締めるだけで良くなります

 

今回は組み立てる機会を頂きましたので

こだわりの使用にて組み上げました!

 

 

 

 


Spec

Frame&Fork :KIMORI WR
Headset :KIMORI

Shifter :TIAGRA
RD :TIAGRA
CS :11-34

Handle :DIXNA
Stem :KIMORI
GRIP : RITCHEY
BAR-END :NA
BlakeRoter :XON 160
BRAKE : F-SHIMANO / R-SHIMANO
CABLE :日泉ケーブル

Crank :BLUELUG
BB :SUGINO
Chainring :WOLF TOOTH PCD130 52T
Chain :SHIMANO 10's
Pedal :MKS

Saddle :DIXNA
Seat Post :NA
Seat Clamp :KIMORI

F Wheel :
HUB :ENECICLO DISC 32H
RIM :PROPER 32H
SPORK :PILLAR 3D FORCE
NIPPLE :SAPIM


R Wheel :
HUB :ENECICLO DISC 32H
RIM :PROPER 32H
SPORK :PILLAR 3D FORCE
NIPPLE :SAPIM


Tire :TALL ORDER BK/TAN 20×2.3
 

 

 

細部の仕様や作りこみがなかなかスゴイので

ずーっと眺めていられます

 

 

その中でもフロントのサスペンション周りは

見所満載ですね

 

 

ステムやサス等も全てハンドメイドです

ヘッドセットもなかなかすごいです!

 

 

全体的にポリッシュ・シルバー系なパーツセレクトで

クラシック感を出しつつも

 

駆動系はNWチェーンリングを使って

1×10の現代な感じにしました

 

パーツ類は

BMX/MTB/ROAD/シクロ/ツーリング/アーバン/クラッシック/

各ジャンル超混在なハイブリッド系です

 

まさにToxicWorksにしか出来ないセレクトになったと思います

 

 

 

 

ピロボール根本のボルト調整を

すると乗り味を色々とコントロールできるそうです

 

 

 

リアのサスはブッシュの数などを変えたり

調整ボルトで細かなセッティングも出来るそうです

 

 

ブリンブリンなホイールには

XONの鍛造アルミスパイダーな2ピースローターが似合います

 

 

シートクランプなどの細かな部分も流石です

 

 

ロゴも今回のイメージにあわせて

新たに製作いたしました!

 

60年台ぐらいのフレームデカールを

基本に構築してみました

 

 

見所があり過ぎるので

ギャラリーに大きな画像を載せておきましたので

 

是非とも下記リンクからご覧下さい

 

KIMORI : COLOSSUS WR

ギャラリーページ

 

 

 

自分は競技的思考の物よりは

日常的に使える物などが好きです

 

そいつをいかにカッコよく

快適に走れるように仕上げるかが

 

ToxicWorksを続けている理由でもあるんだろうなと

この自転車を組み上げて改めて思いました。

 

 

 

 

WORK | 19:11 | comments(0) | - | -
GIOS 60’Sイメージ リペイント&デカール復刻

今回は1960年代ぐらいのGIOSのロードバイクのカラーリングで

現行のミニベロを再塗装して

デカール類の復刻もやると言う内容です

 

 

 

お題の元ネタはこちらです

このカラーリングをミニベロに落とし込みます

 

ヘッドチューブなどにラグが無いので

塗り分けはシートチューブのみにしました

 

カラーシュミレーションで大体の大きさも決めていきます

 

そしてフレームは塗装屋さんにGO

 

-------------------------------

塗装の上がってるまでにデカールの復刻作業です

 

 

 

 

ダウンチューブのデカールとヘッドバッジの復刻です

 

ダウンチューブぐらいのデザインなら自分で対応可能ですが

ヘッドバッジぐらいのデザインは外注にて対応します

 

 

年代物のロゴなどの復刻は

正面から撮っている画像など有れば比較的容易ですが

ちょっと横だったり

貼ってある面がパイプ上で曲面なので寸法出しなどに気を使います

 

 

 

 

完成したデカールどうでしょうか?

なかなか上手くまとまったかなと

 

ヘッドバッジ部はシルバー系のものを土台に出来そうな物を

今後もうちょっと模索してみます

 

 

 

 

これが全体像です!

 

なかなか雰囲気よくまとまっているかと思います

ペイントは凝れば凝るほど金額はかさんでしまいますが

 

自分の思い描いたとおりのルックスに仕上がってくれるので

KUSTOMの手法としては定番です

 

是非自分だけの一台を組み上げて見ましょう!

 

 

 

WORK | 17:48 | comments(0) | - | -
『 HOW I ROLL : Champ × PURPLEアルマイト 』

原点回帰的 シンプルなPISTバイク で人気のChamp
アルマイト加工したパーツ類と組み上げました

 

 

 

今回は私も大好きなパープルアルマイトでまとめました

ステム・シートポスト・ペダルの三点を揃えて

 

よく言ってますが

色を配置するときのアドバイスは

両端・三角形・台形などの位置に色を揃えたり

半分ずつに分けたりするとカッコよくまとまります

 

 

 

このぐらいのパーツ点数だと一度のアルマイト加工で収まるので

金額も安く済みます

ハンドルなどの長いパーツなどは1個で1回の金額がかかるので

割高になる事が多いです

 

 


 

パープルアルマイトがエグクなり過ぎないぐらいで

まとまったので良い感じだと思います

 

塗装やアルマイトのご相談はお気軽にどうぞ

 

 

 

WORK | 19:44 | comments(0) | - | -



CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
twitter
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
LINKS
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site.