Toxic Works BLOG

JUNK IT YOURSELF
「BOMBTRACK AUDAX」 KLUNKERカスタム

今回のベース車両は

BOMBTRACKのグラベルロードAUDAXです

 

 

 

 

作りこみも非常に丁寧でデザインもかっこいいので

もっと人気の出ていいブランドだと思っております

 

 

もうちょっと気楽に乗れるようにKLUNKER風味でKUSTOMしてみました

 

 

今時のクロモリフレームにカーボンフォークで

テーパーヘッド・オリジナルエンド・特徴的なヨーク部、フラットマウントなどなど

 

まさに今なグラベルバイクです

 

 

 

クルーザーバーに往年のスペシャのチタンステムの組み合わせ

 

 

テーパーヘッドにこの組み合わせの眺めが最高ですね

 

 

 

サムシフターは現行のノンインデックスWレバーと

70〜80年代のサムシフターパーツなどを組み合わせて

サムシフター使用にしました!

 

 

 

 

チェーンリングにWOLF TOOTHのNWリング44T使って

1×11速仕様に

 

リアカセットは11-34

 

目的別にギア比を変更してあげれば

自分仕様になりますよ!

 

 

元々チューブが入っていますが

チューブレスバルブが付属しているためシーラント入れれば

チューブレス化が簡単に可能です!

 

 

フォーク部にダボ穴付属していますので

バイクパッキング用などにも使用可能

 

 

 

車両価格は¥278000

 

ぜひ現代のKLUNKERで街を流してみてください!

 

WORK | 15:31 | comments(0) | trackbacks(0) | -
Calamita Due 1-1/8アヘッド→1"スレッド

今回は以前にも行ったCalamita Dueを

1-1/8アヘッド・カーボンフォークから1”スレッド・クロモリフォークへと換装です

 

 

 

製作はVIVALOで肩部は今回もNAGASAWAです

 

やはりクラシカルな見た目を求めると

肩が張ったデザインの方が合いますね

 

 

 

 

ダウンサイザーで1インチにダウンサイジングして

 

HATTAのヘッドセットを投入です

NJSロゴが最高です

 

 

 

 

 

 

今回はハンドルやステムなども

クラシカルなイメージにこだわったので

 

 

 

GRAND BOISの平行マースバーと

2本のボルトでクランプするクロモリステムの組み合わせです

 

ステムはフィレット仕上げが美しいですね

 

 

 

 

 

ブレーキレバーは古いもの無いので

現行の物をフード外して使用しました

 

 

 

バーテープは実用性も考えて

グリップが良いリザードスキンの物をチョイス

 

ただし1.8MMの薄い物じゃないと

クラシカルなイメージに合いません

 

 

 

 

 

サドルはSELLE ANATOMICA

バックシャンが最高にいですね!

 

 

 

タイヤもGRAND BOISの物に変更してありますので

上質な乗り味堪能してください

 

 

 

 

 

 

WORK | 19:28 | comments(0) | trackbacks(0) | -
70's RALEIGH フラットバーロード

ある日とある人からボロボロの自転車が持ち込まれました

 

缶スプレーで吹かれた車両は見るも無残でしたが

パッと見ただけで古い車体なのは判断できました

 

 

ヘッドバッジを見るとRALEIGHと判明

パーツ類から判断するに70年代かなと

 

 

パーツ類外して剥離剤で缶スプレー塗装を剥がしてみました

 

オリジナルペイントを尊重したい所ですが

リペイント決定です

 

 

いきなり完成画像で申し訳ないですが

 

パールホワイトで塗って街乗りしやすくフラットバーで組みました

wheelやRDなどは現代の物を使ってますが

 

他の物は極力再生させました

(キャリパーブレーキ再生1個 1時間半以上かかる・・・)

 

 

この時代のものなのでWレバーなんですが

オーナーが女性という事も有りやはり手元で変速できたほうが良いだろうと

 

MYコレクションのJUNKから色々と組み合わせて

サムシフターもどきを作りました

 

レバー本体は動きの軽い現代の物です

 

 

 

 

 

グリップとサドルはブラウンレザーでまとめました

 Portland Design WorksとSelle Anatomicaの組み合わせは

 

言う事無いぐらいカッコ良しです!

 

 

 

 

タイヤも太目の28cで街乗りには最適でしょう

 

古いものはなるべく昔のパーツで組んであげたり

オリジナルペイントを尊重したりしたいのですが

 

やはり使わなければ自転車としての価値は無いので

現代のパーツも上手く組み合わせながら

 

仕上げるのが良いかと思います!

 

 

大きい画像はこちらから

 

 

 

 

 

WORK | 16:23 | comments(0) | trackbacks(0) | -
MARIN BIES NICASIO-SE8・RAW KUSTOM

今期一推しのMARIN BIES NICASIO-SE8を

RAWカラーにリペイントしてみました!

 

 

男心をくすぐる地肌抜き出し系のrawカラーには

レザーがよく合うという事で

 

 

グリップとサドルはレザーを選択

Portland Design Works バーボングリップ

Selle Anatomica X-Series Watershed
 

 

 

ケツからのこの眺めが最高にたまらないですね

 

 

 

 

 

 

ハンドル周りは

SIM WORKSのTomboy Stemに

NITTOのBLUE LUG別注ハンドルb355 kite bar

 

スペーサーも薄いクロモリの物に変更済み

 

細かいところですが大事なポイントです

 

 

 

がつがつした感じの走りではなく

ゆったりのんびりと楽しんで走ってもらうイメージです

 

 

ステムキャップのSIM WORKSロゴが逆なのは

オーナーのイニシャルと同じだからで

決して間違えたわけではございませんよw

 

 

 

細かい所ですがこういう何気ない部分に気を使うのも大事かと思います

 

 

 

 

 

アメサイドタイヤにRAW×ハニーレザーな組み合わせが

ピッタリはまります!

 

ファーストバイクでここまで仕上げられれば

後は小物関係を乗りながら変更していけばいいかと思います。

 

 

 

 

 

WORK | 14:28 | comments(0) | trackbacks(0) | -
1-1/8アヘッド→1"スレッド Calamita Due+

さてToxicWorksでお勧めしている

CALAMITA Due+ですが

ノーマルではカーボンフォーク仕様になっています

 

 

ロードノイズ軽減・振動吸収・軽量と

性能ではもはやカーボン一辺倒です

 

 

しかしカーボンではダメな点もあるんですよ

 

 

 

それは・・・『雰囲気』です!

 

クラシカルな見た目を求める時

カーボンフォークではその雰囲気は演出できないのです

 

 

それならば作ってしまおうという事で

 

VIVALOでフォークをオーダーしました!

 

 

オーバーサイズのヘッドサイズなので

ダウンサイズーで1インチにして

 

HATTAのスレッドヘッドセットをインストール

NJSロゴがニクイです

 

 

フォークの肩はナガサワを選択

フレームのヘッドチューブの方が太くなるので

 

フォークにかけての違和感が生まれないかが心配でしたが

無事良い感じに収まりました!

 

 

 

ステムとハンドルはSIMWORKSからセレクト

 

Gettin’ Hungry Stem - Tomato

Co-Misirlou Bar

 

 

 

ワイヤー類は日泉ケーブルの

SP31スペシャルインナー×ステンレスアウターの組み合わせ

 

スムーズな動きが最高っす!

 

 

ぐっとクラシカルなイメージになりますね!

 

 

 

性能ももちろん大事ですが

雰囲気ももっと大事ですね!

 

 

 

 

 

WORK | 22:14 | comments(0) | trackbacks(0) | -
RINDOW BIKE パラレル

 

暑さも落ち着いてきていよいよ自転車が乗りやすい季節ですね

街乗りの自転車を探しに来店してくれるお客さんが多いですね〜

 

以前からお勧めしているRINDOW BIKE パラレルですが

 

 

 

『 パラレルの特徴としては通常のママチャリに比べ

車体重量が13KGと軽く(ママチャリは18KG程度) 

 

ホイールのハブ(中心の回転部分)が

クロスバイクなどに使われているようなグレードの物が使用されているので

漕ぎ出しが軽く走りもスムーズです 』

 

 

 

今回の車両はハンドルをストレートバーに

サドルとグリップのカラーを変更しました!

 

 

ストレートバーのほうが手の力が使えるので

気持〜ち走れる志向かなと

 

ママチャリなどとは違う軽快な走りを楽しめます

 

 

ライトもこの位置にネジ止め固定するほうが

普段使いの車両なら毎日取り外したりしなくていいので便利です

 

 

 

カラーラインナップも豊富なので

お好きな色をお選び下さい!

 

 

 

店舗前の雰囲気も少し変えてみたので

 

是非お立ち寄り下さい!

 

 

 

WORK | 16:56 | comments(0) | trackbacks(0) | -
CHARGE BIKES 24MTB IRON 多段化

さて組み上げたWHEELを車両に組み付けます

 

車体はもともとシングル用のトラックエンドなので

変速のディレイラーなどが付きません

 

 

そこでSUNXCD ディレーラーハンガー

を使ってディレーラーが付けられるようにします

 

 

 

 

※このハンガーをつければどの車両でも多段化できるわけではないので

注意してください

 

 

 

 

 

 

今回は10速化してみました

Fチェーンリングもちょっと大きくしました

もう少し大きくしてもいいけど

15分ぐらいの近距離移動が多いと思うので

このぐらいでちょうどいいかも

 

ディレーラーもあっさりデザインの物が減って来てますね〜

micro shift系のにしようか迷ったんですが

金額で諦めました

 

 

シフターはENE CICLOサムシフターにしました

この手のも売ってくれているのでありがたいですが

 

もう少し安くなんないかな〜

 

DKのステムが懐かしいです!

 

BLACK×SILVERでシックな感じでまとまりました

何か俺も24一台欲しいな〜w

 

 

シングルモデルの多段化など色々と可能です

WHEELを組まねばならないので

それなりに金額はかかりますが

 

思い入れのある車両などで

もう少し走れるようにしたい方などは

 

ご相談下さい!

 

 

 

 

 

WORK | 13:01 | comments(0) | trackbacks(0) | -
Cannondale HOOLIGAN 451KUSTOM

今回はCannondale HOOLIGAN KUSTOMです

ベースは中古車でしたが

 

フレーム以外は全交換なんで

古い車体ですがベースに選びました

 

カスタムテーマは90’S(派手目)

マットペイントにアルマイトの組み合わせです

 

オーナーのご意向によりToxicWorksカラーな

puraple × greenをセレクトして頂きました!

 

 

 

そうなるとPURPLEはアルマイトに決定ですね

 

 

PURPLE祭りでエロス爆発です!w

 

 

 

GREENの目玉はfabricサドルのCELL

エアー内臓のクリアーな独特のルックスがやばいです

 

 

 

トムソンのPUPLEアルマイトとあいまって

派手でございます!

 

 

 

そしてペイントは前後二分割のツートンカラーで

ToxicWorksのロゴ入りです

 

境目もペイントで仕上げてもらいました

 

こんな色のケーブルアウター販売してくれる

日泉ケーブルさんに感謝感謝です

 

 

 

クランクは往年のTOP LINEを彷彿とさせるような現行モデル

スパイダーも取り外し可能でアルマイトするのにピッタリでした

 

BLUE LUGの真鍮ボルトキャップもひっそり良い仕事してます

 

 

そしてもう一つのポイントが

ホイルを大径化して新企画のOS20タイヤを入れたことです

既存の451リムでも1.6サイズなら1-3/8チューブでなんとかなります

早く専用リム入荷して欲しいです

 

 

そして前輪はGREENスポーク

ハブはSHIMANO CX

 

 

後輪はPURPLEスポーク

ペイントカラーと対比させるのがコツですね

 

 

 

長くなりましたが全体像がこちらです!

全体的に軽量パーツ類も使いながら

がっちりToxicカラーで攻めました

 

 

 

自転車のいいところは唯一無二なカスタマイズを施しても

購入可能な金額帯である事も一つです

 

誰も乗ってないような車体を思い描いて具現化する

こんな楽しい作業はありません

 

是非皆さんもKUSTOMの扉を開いてみてください!

 

 

 

WORK | 21:56 | comments(0) | trackbacks(0) | -
Calamita Due+ シルクブラッシュ

暖かくなってきたこともあり車両の動きがあったり

修理に追われてバタバタしております

 

そんな中で人気なモデルが

 

クロモリ・ロードバイク

Calamita Due+

 

 

 

新たにSTIレバー装備で

タイヤも太目対応に変化しております

 

特にシルクブラッシュカラーが人気で

画面では伝わりずらいかもしれませんが

 

塗装ではなく金属の質感と説明すればわかりやすいのか

男心くすぐられる系です

 

 

 

こちらのオーナーは

GrandBois タイヤにfabricサドルを交換

 

コレでロングライドも楽しくなりますね

 

 

 

 

 

 

そしてこちらはまた別のオーナーの物

 

 

ポイントは何といってもクロモリステムです

 

 

 

 

クロモリステム&スペーサーに交換する事により

首部分が細くなるので非常にスッキリ見えます

 

重量を気にする方にはお勧めしませんが

クロモリロード×クロモリステム是非やってみてください!

 

 

店頭に試乗車も用意しておりますので

是非一度乗ってみてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

WORK | 18:31 | comments(0) | trackbacks(0) | -
Calamita Ciao OLD MTB風

ToxicWorksでもクロモリロードバイクdeuでおなじみの

アクションスポーツのオリジナルブランド

Calamita/カラミータのクロモリクロスバイク Ciaoを少しKUSTOMしました

 

 

 

 

細身なホリゾンタルなフレーム形状で26インチホイールとくれば

往年のリジッドMTBを思い描いてしまうわけですよ

 

しかしながらごっそりパーツを変えると

コストもかかってしまうので

 

比較的安価な方法でやってみました

 

 

 

 

基本のステムを交換してみました

 

 

アヘッドなのでNITTO V4ステム¥9500を使用

いや〜やはりカッコイイです!

ハンドルバーもシルバーにしてもよさそうですね

 

 


シートポストもシルバーに変えて

グリップとサドルはブラウンカラーに変更

 

そして一番はタイヤですね!

26×1.5サイズから26×2.0に変更

 

WTBの ThickSlick(シックスリック) をセレクト

リア幅ギリギリ入りました

 

特徴的なツルツルなスリックがインパクト大です!

 

このタイヤが入らなければOLD MTB風じゃなくそうかなとも思っていました

ほっと一安心でした

 

しかしメーカー在庫が無いので

早く日本に入ってきて欲しい物です

 

 

こちらは車両は店頭にて販売します

販売価格¥80000

 

 

メーカー在庫のある物なら

他のカラーでも製作可能なので

 

カジュアルな街乗りをお探しの方は

是非実物を見てみてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

WORK | 20:07 | comments(0) | trackbacks(0) | -



CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
twitter
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
LINKS
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site.